メニュー

こどもの目の充血

こどもの目の充血の原因

目の充血(結膜充血)はすぐに治るものもありますが、細菌、ウイルス、アレルギーのほか、全身に炎症を引き起こす川崎病でも認められます。

 

細菌性結膜炎・アデノウイルス結膜炎

風邪や目やにを伴う結膜充血は、細菌やウイルスによる感染症が関わっている可能性があります。細菌性結膜炎は自然に治ることもありますが、抗菌薬を含む点眼薬の使用により数日で治癒します。ウイルスのうち、アデノウイルスによるもの(咽頭結膜熱、流行性角結膜炎)は直接効く薬がないため、細菌による混合感染を予防する目的で抗菌薬の点眼を行い、症状が強い場合はステロイド点眼薬を併用します。咳、くしゃみによる飛沫や接触のほか、プールでも感染が拡大するので、家族や周囲にも配慮してください。登園や登校は制限されます。手洗いの徹底、タオルを共有しない、手が触れやすい場所はよく拭くことで感染の拡大を防止します。

 

アレルギー性結膜炎

かゆみを伴う場合はアレルギーの関与が疑われます。アレルギー性結膜炎には、花粉を原因とする季節性のもの、ハウスダストやダニを原因とする通年性のものなどがあります。原因の除去が重要で、室内の清掃、換気、花粉保護用の眼鏡などが効果的です。抗アレルギー点眼薬を使用し、重症な場合はステロイドの点眼を行います。

 

川崎病

発熱、発疹、口唇のあかみ、BCGを接種した部分にあかみを伴う場合は、川崎病のような全身性の病気に罹っている可能性があります。川崎病による結膜充血には点眼薬は不要ですが、心臓の血管(冠動脈)に後遺症を残すことがあるので、入院やガンマグロブリン大量療法を要します。

 

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME